フルールブログ

BARフルールドゥリス

お忙しい中、
同行して下さった大山夫妻に、心より感謝申し上げます。

天鷹酒造は、栃木県の北東部、
那珂川と箒川の合流する、ちょうど真ん中に位置します。

説明案内してくださったのは、
杜氏の直町(すぐまち)さん、御年76歳。
直町さんは、岩手出身の南部杜氏で、
毎年造りの時期に、大田原で数ヶ月過ごすそうです。
IMG_3259
バスケットゴール発見。
酒蔵に向かってボールを投げる勇気は湧かない。
IMG_3260


大きな精米機。
1台1,200kgの玄米が入るそうです。
IMG_3261
中には臼が入っていて、米が磨かれます。
IMG_3262
62%のお米は50時間かけて、温度が上がらないように。
35%は、3日間なのだとか。
IMG_3267
IMG_3268
IMG_3270
IMG_3274
IMG_3275
設備がすごい。

近代的な設備と、歴代の人々が成し遂げた栄誉が、同居します。
IMG_3276
意識も高く、スタッフはキビキビ。
IMG_3277
社員の9名のうち、4名が20代。
若い。そして素早い。
IMG_3278
私の後輩にあたる、宇大の新卒女性も働いていました。
何度も手を消毒するうちに、あっという間に手がカサカサに荒れたそう。
それでも、酒造りに真摯に向き合っていました。

放冷機。
IMG_3286
IMG_3285
IMG_3309
IMG_3289
大きなせいろ。
天鷹といえば、オーガニック日本酒。
有機米は、分けて蒸すそうです。

IMG_3310
米を送るパイプが続きます。
こんな廊下は見たことない。近代的です。
IMG_3288
震災後に新設された設備のおかげで、
「若い人に働きやすい環境だ」と、直町さん。
天井にエアコンまである。うちの店より新しいな。
IMG_3290
1日で2億個に増えるという麹菌。
IMG_3293
温度湿度は、部屋の外からアプリで管理。
直町さんのスマホ使いにビビる。
IMG_3298
こちら通路は11度。
向こう側の庫内は7.5度だとアプリでわかる。管理の良さにビビる。
IMG_3299
足場を組むのには変わりない様子。
IMG_3301
通路には床下排水。つるぴか。
IMG_3302
麹用のせいろがたくさん。
女性でも荷台が楽々押せるフラットなフロアで感心。
IMG_3303
槽場は窓から覗いて。
IMG_3304
仕込み中のお酒に近づくことはありませんでした。
直接は嗅げませんでしたが、通路にも十分、良い香りが漂っていました。

下野杜氏に合格した社員さんの写真と、
IMG_3308
有機米の生産者のお三方。
IMG_3313

最後に、
BARスタイルでワンショット(しかも冷蔵)でいける試飲コーナーと、お土産の売店。
ラインナップが面白く、
オーガニックの純米、吟醸、スパークリングや、甘酒、粕取り焼酎を買いました。
一生懸命な若手と、76歳の巨匠。近代的な設備と、オーガニック。
よく融合して。
のどかな空気と、厳格な精神が伝わり続ける天鷹でした。
IMG_3314
ありがとうございました!

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット